「大通」駅まで地下鉄6分の札幌市白石区東札幌の便利な暮らし

札幌市白石区東札幌エリアは札幌市営地下鉄東西線「東札幌」駅から「白石」駅周辺に位置する。札幌市中心部にほど近く、暮らしの利便性に恵まれている一方、豊かな自然が身近で、閑静な佇まいの住宅街が広がり、暮らしの場として人気が高い。

地下鉄開業で交通アクセスの利便性が向上

白石村が起源の白石区
白石村が起源の白石区

区の名前にもなった白石という地名は、戊辰戦争後に仙台藩白石領から藩士の一部が入植し、白石村が誕生したことに由来する。その後、明治初期に開拓が進み、農村地帯として発展した。

第二次世界大戦後は住宅地として人口が増加し、1950(昭和25)年に札幌市に編入。1976(昭和51)年に札幌市営地下鉄東西線が開通すると、さらにベッドタウンとしての開発が進み、成熟した街へ進化を遂げた。

札幌市営地下鉄東西線で「大通」駅まで6分

エリア徒歩圏内の札幌市営地下鉄東西線「東札幌」駅から「大通」駅までのアクセスが良好
エリア徒歩圏内の札幌市営地下鉄東西線「東札幌」駅から「大通」駅までのアクセスが良好

東札幌は交通アクセスの利便性が大きな魅力だ。最寄りとなる「東札幌」駅から札幌市営地下鉄東西線に乗れば、札幌市の中心部としてにぎわう「大通」駅までわずか6分でアクセスできる。「大通」駅は札幌市営地下鉄の全3線が集まり、1回の乗り換えでアクセスできるエリアは札幌市内のほぼ全域に及ぶ。

JR各線が集まる「札幌」駅に向かう場合は「大通」駅で乗り換える方法のほか、エリアの南にある札幌市営地下鉄東豊線の「豊平公園」駅に向かい、ダイレクトアクセスも可能。

エリア内に大規模ショッピング施設が充実

ファッションや雑貨など多くの専門店が集まる「イーアス札幌」
ファッションや雑貨など多くの専門店が集まる「イーアス札幌」

東札幌はショッピング施設に恵まれていることも大きな魅力になる。「東札幌」駅周辺には大規模スーパーマーケット「イオン 東札幌店」のほか、多くの専門店が集まる大規模ショッピングセンター「イーアス札幌」があり、様々な買い物ニーズに応えてくれる。

深夜24時まで営業している「スーパーアークス 菊水店」
深夜24時まで営業している「スーパーアークス 菊水店」

日常の買い物にはスーパーマーケット「スーパーアークス 菊水店」やドラッグストア「ツルハドラッグ 東札幌店」も使いやすい。

「札幌三越」など札幌市中心部のショッピング施設も近い
「札幌三越」など札幌市中心部のショッピング施設も近い

エリア周辺には雑貨のショップとカフェが一体化した「alternative」などおしゃれな店が点在するほか、「大通」駅周辺の「札幌三越」や「札幌PARCO」、「札幌」駅前の「大丸 札幌店」や「札幌ステラプレイス」なども日常圏内となり、買い物の楽しみは尽きない。

緑の中で過ごせる街

スポーツ施設も充実する「豊平公園」
スポーツ施設も充実する「豊平公園」

東札幌は休日の楽しみも多い。エリア南側に広がる「豊平公園」には芝生広場や花木園など緑に親しめるスポットが充実。「北海道立総合体育センター」や温水プールなどスポーツ施設も揃う。大人も楽しめる施設が充実している。

広々として風景が心地よい「月寒公園」
広々として風景が心地よい「月寒公園」

「豊平公園」からさらに南東に向かえば、池の周囲に緑が広がり、テニスコートやパークゴルフ場を備える「月寒公園」もある。エリア内には「東札幌公園」など子どもの遊び場として楽しめる公園も多い。休日を家族で過ごすにはぴったりの場所となっている。

散策の場として親しまれている「白石こころーど」
散策の場として親しまれている「白石こころーど」

また、エリア内を貫く「白石こころーど」はかつての国鉄千歳線の線路跡を整備した緑道で、春の桜や秋の紅葉を楽しみながらサイクリングやジョギングできる人気のスポットだ。

隠れた名店を探す楽しみ

こだわりのつまったカフェ「Plantation」
こだわりのつまったカフェ「Plantation」

東札幌エリアのグルメは探すことに楽しみがある。駅前だけでなく、住宅街の中にも店が点在しており、こだわりのコーヒーが楽しめる「Plantation」や本格フレンチを堪能できる「ビストロ・プティット・レジョン」など隠れた名店が多数ある。

美しい自然の中で便利な暮らしを実現できる札幌市白石区東札幌。この街には住宅地として人気を集めるだけの魅力がある。

あわせて読みたい。関連ページ