小さな森のような自家焙煎珈琲カフェ

板東珈琲

温かい間接照明の灯された店内
温かい間接照明の灯された店内

地下鉄東西線「西11丁目」駅から程近いビジネス街にありながら、ゆったりとした空気を纏う「板東珈琲」。陽が落ちると店内のローソクに火が灯され、大きな窓から温かな灯りがお店の外ににじみ出る。

木の看板がかかる「板東珈琲」外観
木の看板がかかる「板東珈琲」外観

「事務所や会社の多い、ここ西11丁目の中で、小さな森のような存在でいれたら」というオーナー夫妻の想いを形にした店内は、木の優しさをふんだんに感じられる森のような空間。以前は少し離れた西6丁目で営業をしていたが、自家焙煎をはじめるにあたり、オーナー夫妻と縁があったこの地に2010(平成22)年4月に移転してきた。

こだわりの珈琲
こだわりの珈琲

店内は禁煙で、ゆっくり落とす珈琲の香りが広がる。座席は窓際のカウンター席とお店中央の大きな木のテーブル、4人掛けのテーブル席の23席。読書をするのにぴったりな落ち着いたBGMが流れ、一人でも気兼ねなく訪れることができる。

自家製の「珈琲ゼリー」が入った「板東珈琲のあんみつ」
自家製の「珈琲ゼリー」が入った「板東珈琲のあんみつ」

お勧めメニューはもちろん、マスターが感覚を研ぎ澄ませて焙煎する珈琲豆から淹れるコーヒー。シングルオリジンのほか、ことり・ふくろう・おおわしと鳥の名前が付けられたものや季節のブレンド珈琲と種類が豊富だ。カフェインレス珈琲や紅茶、軽食・ランチメニューもあり、幅広いお客さんのくつろぎの場となっている。また、手作りの「珈琲ゼリー」を目当てに訪れるお客さんも多く、さらにその「珈琲ゼリー」を使ったパフェやあんみつなども人気がある。

アイスコーヒーやアレンジメニューも
アイスコーヒーやアレンジメニューも

お店では、焙煎したばかりの珈琲豆を販売しているほか、お店で使用している器作家の個展やワークショップなども開催。facebookやinstagramでお知らせしているので、気になるものがあれば参加してみよう。小さな森のような空間で美味しい珈琲をゆったり味わえば、深呼吸した後のような優しく清々しい気持ちでお店を後にできるだろう。

板東珈琲
所在地:北海道札幌市中央区大通西11-4-190 橋本ビル1F
電話番号:011-251-3355
営業時間:11:00~22:00(L.021:30)
定休日:不定休
http://bandou-coffee.com/

詳細地図