札幌を代表するカフェ「MORIHICO.」の2号店

ATELIER Morihiko(アトリエ・モリヒコ)

ATELIER Morihiko(アトリエ・モリヒコ)
ATELIER Morihiko(アトリエ・モリヒコ)

札幌・円山の小さな喫茶店「森彦」から始まったカフェ「MORIHICO.」。今や札幌市内に9店舗を構え、多くの人々に「コーヒー&サムシング」の時間を提供している。その2号店である「ATELIER Morihiko(アトリエ・モリヒコ)」は、本店10年目となる2006(平成18)年にオープンした。

外の景色を眺めながらくつろげる店内
外の景色を眺めながらくつろげる店内

南向きの大きな窓からたっぷりと陽が入るお店は、手づくり石鹸のショップ(Siesta Labo.)を併設。「コーヒーの美術館」をコンセプトに、オフィスの1階をリノベーションして造られた。白い壁と木の風合いが優しいヴィンテージ家具がマッチする、ナチュラルモダンな親しみの湧く空間だ。札幌市電沿いにあるため、電車が行き交うのを眺めながらコーヒーで一息つくことができる。

カッフェ・エ・ラッテ
カッフェ・エ・ラッテ

直火式釜で自家焙煎した豆を使った「MORIHICO.」の人気ドリンクや限定ブレンド、系列店「マリピエール」の焼き菓子を味わえるほか、「アトリエ・モリヒコ」のみでモーニングの営業も行っている。平日の8:00~11:00までの限定で、こちらを目当てに朝から多くのお客さんが訪れる。

ヴィンテージの家具が店内の雰囲気を演出
ヴィンテージの家具が店内の雰囲気を演出

季節に応じて様々なメニューが提供されるモーニングは、マグカップにたっぷり注がれたアトリエモリヒコ限定のコーヒー「アトリエブレンド」とサンドイッチがセットになっている。「フルーツサンドセット」「照り焼きチキン&ごぼうサラダサンドセット」「サーモンとクリームチーズのサンドセット」などが一例で、グラノーラを追加することも可能だ。

バターの効いた焼き菓子とコーヒーのマリアージュを楽しむ
バターの効いた焼き菓子とコーヒーのマリアージュを楽しむ

モーニングメニューはテイクアウトも可能。天気が良い時は近くの「大通公園」で、美味しいコーヒーとサンドイッチでくつろぎの時間を過ごすのもいいだろう。

ATELIER Morihiko(アトリエ・モリヒコ)
所在地:北海道札幌市中央区南1条西12-4-182 ASビル1F
電話番号:011-231-4883
営業時間:8:00~22:00(L.O.21:30)(土・日曜日、祝日は11:00~)
定休日:年末年始
http://www.morihico.com/shop/atelier/

詳細地図