うっそうとした広葉樹の林や歴史的な西洋建築物が現存するレトロな大学植物園

北海道大学植物園

北海道大学植物園
北海道大学植物園

「北大」こと北海道大学のキャンパスに隣接する「北海道大学植物園」。’Boys, be ambitious’の言葉で有名なクラーク博士(北大の前身である札幌農学校の初代教頭)によって創設され、日本国内では東京大学の「小石川植物園」に次いで2番目に古い歴史的な植物園だ。南極観測隊に同行した犬としてお馴染みの「タロとジロ」が眠る場所としても知られている。札幌駅から徒歩約10分という立地にありながら、13.3haもの広大な園庭を有し、ハルニレの巨木とうっそうとした林も現存する園内は、大学の研究・教育・実習の場でありながら広く一般にも公開されている。国の重要文化財に指定されている博物館本館を始め明治時代の西洋式建築物が点在し、擦文文化の竪穴式住居跡も残るレトロな植物園は市民の憩いのスポットとなっている。

北海道大学植物園
所在地:北海道札幌市中央区北3条西8丁目
電話番号:011-221-0066
夏期開園期間(庭園・温室・博物館施設):4月29日~11月3日
夏季開園時間:
4月29日~9月30日 9:00~16:30(入園は16:00まで)
10月1日~11月3日 9:00~16:00(入園は15:30まで)

冬季開園期間(温室のみ開放):11月4日~4月28日
冬季開園時間:10:00~15:30(入園は15:00まで・土曜日は~12:30)

休園日:4月29日~11月3日 月曜日(祝日の場合は翌日)、11月4日~4月28日 日曜日、祝日、年末年始(12月28日~1月4日)

入園料:大人 420円、中学生以下 300円 ※温室入場料は120円
https://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ